数字の意味「1に隠された意味とは?(数霊1)」

昔からラッキーセブンや
好きな数字を見たら今日1日運がいいだろう・・・
など、好きな数字・嫌いな数字ありますね

スポンサーリンク

私は数霊(かずたま)というものに出会ってから、
様々な言葉には数霊が存在していることを知りました。

もちろん、人の名前にも数霊はあります。
そして、それぞれの役割が数霊によって決められているのです。

 

数霊意外にもエンジェルメッセージ、タロット、
スピリチュアルな占術などでも数字の意味があります。

毎回、1つの数字にまつわる意味を実生活や
スピリチュアルも合わせて読み解いていきたいと思います

・成績で1番
・マラソンの1等
・一郎二郎三郎
・1本2本3本

など数字を数える時に必ず1から始まりますよね?

2から始めることはまずないと思います。

 

順位の1って結構辛いものなのです。
1位を守りきることで精一杯です。

その上に行くことはできないので、
現状維持をするか、下がるかしかありません。

 

一郎さんは長男という気負いもあり、
家を守るという責任が出てきます。

そのように1という数字は、
後から来るものを引っ張っていく
責任と重みがある意味を含んでいます。

 

そして車のギアチェンジでは1速から走り出します。
踏み出しは力が入ります。

もちろん車ですから私たちの力は関係ありません。

 

自転車に乗ってみると解ると思うのですが、
走り出しが一番足の力が入ります。

走り出したら楽チンです。

 

新しいことを始める人も1番です。
前例がないので比べようがありません。

新しいことを始めようとすれば反対や、
止めにかかる人もいるでしょう。

 

それでも1番最初に始める人は、
独立的で・リーダーの才能があり、
人の手本となって進む人なのです。

スポンサーリンク

昔の日本の数え方で「ひふみ祝詞」の、

「ひふみよいむなやこと」

という言葉があります。

 

一言一言区切って読んで、
言っていただければわかりますね。

1から10を表しています。

これは、地球が生存物を作っていった順序なのです。

 

「1」は日 火 陽 霊が最初に創られました。

数霊でいえば「ア」と「ン」です。
始まりであり、終わりでもあります。

 

タロットで言えば「魔術師」に当たります。

霊である「フール」が肉体を纏ったのが、
「魔術師」なのです。

 

ここから人生の探求が始まります。

1は0が目に見える形に現れたものを指します。

 

数字の1は最初であり、
物事の始まりを意味していますから、
色は白紙の「白」です。

始まったばかりでもあるので、点なのです。

 

創造の始まりを意味しています。

誕生日の数を足していって最後に「1」が残った人は、
独立心・向上力があり一人でも立ち向かっていける人です。

 

リーダーシップもとれて会社では、
指導者に上がれる才能を持ち合わせています。

人前に出ることが大好きな人です。

 

1という数字は前代未聞のことを実行する、
とても勇気に溢れた数字だと思います。

数字の意味一覧に戻る

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ