数字の意味「8に隠された意味とは?(数霊8)」

数字の「8」は数霊で「ク」であり、
ひふみの数え言葉では「や」です。

スポンサーリンク

これは矢や弥と書き、
末広がりに広がる数霊という意味になります。

広がった先には弥栄(いやさか)の世界が待っています。

 

8は○が2つで角がないから円満になりますし、
横にすれば無限大のマークです。

漢字の「八」は見た通りの末広がりで、
縁起の良い数字とされています。

 

八という漢数字で使う言葉は、
八百万の神・八雲・八十・八重桜・八咫烏(やたがらす)などありますが、
これは数が大きいという意味で8が使われます。

形では四角形を重ねた記号は八芒星で、
カバラ数秘術によるとイエスキリストを表す記号と言われ、
復活・救い・始まりを意味しています。

 

トートタロットで8は「Adjustment・真理の女神」です。

人生は絶えず変化し続けているのが安定である、
という事を意味しています。

カードに書かれている
人物の「女神マアト」は爪先立ちになり、
安定を保とうとしています。

 

エンジェルメッセージで数字の「8」は力強さ、
支配、コントロールを意味しており、
肉体・精神・経済の面では豊かになるという意味があります。

チャクラは7つと言われていますが、
それは人間の肉体に宿るチャクラが7つという意味であり、
実際は14まであると言われています。

スポンサーリンク

8番目のチャクラを開くというのは、
自分のハイヤーセルフと繋がるということです。

アカシックレコードにアクセスすることが可能となり、
これは宇宙に繋がる入り口です。

 

例えば、自分自身に問いかけた時に答えが瞬間的に返ってきたり、
問題の種を読み取ったりする事ができるようになります。

問題はすべて自分が生み出している事に気づき、
その対処法を即座に実行します。

 

なので過去の人間関係から
生まれた問題は未来に引きずって持ち込みません。

そして過去にこだわらないから、直感が高まります。

 

今、何が起こっているのか、
自分は何をしたらいいのかが瞬時にわかるようになります。

認識度があがるのですね。
人知を越えた能力が開花するとも言えます。

 

認識度が上がると感情をコントロールする事ができて、
問題が起こった時に冷静に対処する事ができます。

なんでもかんでも人のせいにして
自分を正当化する人は認識度が低いと言えます。

ただし、第7チャクラと同じように
第8チャクラのみを開花させようとするのは、
生活力がなくなり、とても危険です。

 

第1チャクラから徐々に訓練すると地に足がつき、
安定したチャクラが育つのです。

数字の意味一覧に戻る

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ