数字の意味「6666に隠された意味とは?(数霊6666)」

エンジェルメッセージでは、
4ケタの「6666」は「666」が更に強まった意味になります。

スポンサーリンク

「6」は物質的な不安や執着が存在している意味となり、
2ケタ以上になると、

”その恐れを手放してください”

というメッセージを送っています。

心配、恐れなどのネガティブなものは、
宇宙・マスターたち・天使たちの愛を受け取れなくなるばかりか繫がりを断絶し、
さらに精神的にも物質的にも更には、
健康に関しても辛い状況にさせてしまいます。

山と谷は一生にはつきもので、
どん底を一旦味わえば、
あとは自動的に登る仕組みになっています。

それは宇宙の仕組みがそうなっているからです。

ですが、流れに任せる事ができず、
不安や恐れから行動すればさらに事態は悪化するばかりで、
自暴自棄が始まってしまうのです。

「6」に関する数字は、
物質的な不安があったとしても、

”宇宙にお任せして流れに乗りましょう”

という意味もあります。

ですから「6666」という数字は最終的な警告の意味であり、
物質的な事にこだわりすぎているとキリスト教徒や私たちが信じきっていた
不吉と言われている数字のとおりに現実が動くのですが、
本来の自分を信じてネガティブな感情にこだわらず、
不安を受け流して宇宙を信頼すれば「天の岩戸」が開くのです。

スポンサーリンク

「666」は「弥勒」で本来の姿を立て直した人には、
その先の「6666」に発展し、
弥勒の世がようやく到来します。

しかし、物質的執着が拭いきれず、
不安や恐れから行動する人は弥勒の世とは、
かけ離れたものになってしまいます。

ですから「6666」という数字は最終的な警告であり、
物質世界に留まるか、自分の可能性に目を向けるか
という判断を求められており、

”不安をもう手放してください”

というメッセージを送っているのです。

もう執着や心配と仲良くする事をやめて、
宇宙の流れを信頼してください。

最初はとても不安です。

補助輪のない自転車のようですし、
スケートで氷の上を初めて立つときのようなぎこちない感じですが、
何度か繰り返す事で初めて感じた恐怖は、
微塵も感じられなくなります。

執着や不安・恐怖は、
長い間私たちの中で馴染んでいたものです。

それをポジティブな流れに変化させましょう。

そうすれば、物事は順調に流れ「6666」が、
とてもパワフルで力強い意味へと
変換させる事ができるでしょう。

数字の意味一覧に戻る

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ