数字の意味「6に隠された意味とは?(数霊6)」

数霊では、かなの「か」が6にあたる数字です。

スポンサーリンク

数を数える時に発する言葉は「む」で、
物事のムスビが整う意味であり、
横の働きを示し、安定感があります。

横のムスビのエネルギーが安定しているという意味です。

日本では6は縁起の悪い数字と言われていますが、
中国では「リュー」と発音して物事がスムーズに流れていくということで、
順風満帆で縁起が良い意味として捉えています。

お祝い事があるときは6種類の果物を贈り物としたり、
6種類のメニューでおもてなししたりするそうです。

宇宙とも関係してくる33をa足すと6になり、
これは2つの事柄が統合される意味でもあります。

男性と女性、陰と陽、太陽と月、
肉体と精神などが統合される状態を表します。

統合されると宇宙はエネルギーに溢れて完全なるものに変化します。

他に「6」は物質的な意味も表します。

所有物やお金などにこだわりすぎるあまり、
手放す事ができず執着してしまう傾向があります。

「6」によく遭遇するときは物質に、
囚われすぎていないか自分に問いかけてみてください。

スポンサーリンク

もともと安定した数なのですが、
物質主義のエネルギーが強すぎると不安が生じ、
精神面でのバランスを崩してしまいます。

お金は物質でもありますが、エネルギーでもあります。
「リュー」を意識して滞ることのないように流してあげる事も大切なのです。

物質的不安を抱えたままでいると、
宇宙はいつまでも不安を与え続けます。

意地悪をしているわけではないのです。
宇宙はとてもシンプルで「良い悪い」の区別はありません。

いつまでも不安や恐怖を抱えていることは、
いつまでもそれを欲していると捉えてしまうのです。

ですから自身を慈愛で満たしてください。

不安や恐怖がある場合は、
そこから抜け出せる力があるということです。

もともと乗り越える力のない人は壁を乗り越えようともしないし、
どうやったら乗り越えようか、と考える事もないのです。

トートタロットでは「The LOVERS・兄弟」にあたります。

他のタロットでは「恋人」と認識されていますが、
トートでは兄弟・つまりカインとアベルの物語を表しています。

タロットカードは対になった者同士の色が反転されています。

カインとアベルはアダムとイブが生んだ最初の子どもです。

結末は悲しいものですが、兄弟が神に捧げたものは、
兄・カインは自己の力を誇示するもので、弟・アベルは神への感謝でした。

対立は自分と違うものは排除しようとする意識からくるもので、
異なったものを受け入れられないと争いが起こります。

ですから「6」という数字は、
2つの異なるものを素直に受け入れましょう
という意味にもなります。

そうすることで宇宙のエネルギーも順風満帆に流れることになるのです。

そのことを理解するだけで、
自身のエネルギーはバランスのとれたものになるでしょう。

もう1つ、「六芒星」のことも伝えておきましょう。

全体を見ると星形に見えますが、
正三角形を対に交差させたものが六芒星です。

日本では籠目の編み目が六芒星ですし、
子どもの産着にも用いられている麻の葉模様は六芒星の一種です。

こちらも魔除けの意味合いが強いです。

他にはミツバチの巣やトンボの目・亀の甲羅はハニカム構造というもので、
サッカーのゴールの編み目がそうなのですが、力を分散させる効果があります。

ゴールの編み目が四角ですとボールが当たった時に編み目が変形します。

三角形なら2方向にしか力が分散しないのですが、
6角形は力が5方向に分散するため衝撃力が小さくなります。

自然から生まれたものはバランスの良さがわかりますね。

このように数字の「6」はバランスがとれており、
自然界からも宇宙からも強力なエネルギーを与えられている意味があるのです。

数字の意味一覧に戻る

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ